薄毛は何としてでも避けたい!薄毛予防と発毛

遺伝と生活習慣の関係

薄毛は、生活習慣による影響もありますが遺伝も関係しています。子というのは親の遺伝子を受け継いでいる訳なので、良い悪いは別にしろあらゆる部分を引き継ぎます。その中で薄毛のリスクを引き継いでしまうと、どうしても加齢と共に薄毛になってしまうのです。遺伝の影響に抗う為には、少しでも生活習慣を良くするしかありません。油っこい食事を控えたり、良質な睡眠を心掛けるなどして髪や頭皮の健康を常に守るしかないのです。

頭部の血流促進が大切

薄毛を予防したり発毛を促すには、頭部の血流を良くする必要があります。血流が良くなるとその分様々な栄養素が行き届くということなので、より健康的な髪になるのです。もし血流が悪いと栄養が行き届かずに髪は弱ってしまいます。言い換えるならば水を与えていない植物のようなもので、水を与えなければ最終的に枯れてしまいます。血流を良くする為には頭皮のマッサージが有効で、全体を揉みほぐすようにマッサージすると効果的です。

ストレスは薄毛の大敵

ストレスを受けると髪が抜けると言われますが、事実です。ストレスを受けると交感神経が優位になり血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると先述した通り栄養が行き届かなくなるので抜け毛に繋がります。また活性酸素が多く発生し、体の老化を早めてしまうので髪が弱ったり抜けたりします。しかしストレスは完全に防ぐことが難しいので、いかに早く解消するかが大切です。ゆっくりと体を休めたり旅行などでリフレッシュすると効果的です。

発毛治療の最前線の取り組みは、各地の定評のある美容外科のクリニックなどで話題となることがあり、名医の診断をすぐに受けることがポイントです。